ヤクザときどきピアノ  鈴木智彦ザリガニの鳴くところ  ディーリア・オーエンズ

2021年03月10日

ワカタケル  池澤夏樹

ストーリー自体は面白い小説ではない。それでも、史実に沿ってイメージできる物語というかファンタジーに仕立ててあるのは大したものであった。5世紀中ごろのこと。

ワカタケル
池澤 夏樹
日本経済新聞出版
2020-09-19




(備忘メモ)埼玉県の稲荷山古墳から出土した、鉄剣に刻まれていたワカタケル大王は、第21代天皇である雄略天皇だといわれている。雄略天皇は、中国の宋に使者を送った倭の五王の武だと考えられており、倭王武は、朝鮮半島南部の支配権を認めてもらおうとして中国に使者を送ったと伝えられている。考古学的には実在した最古の天皇だと言われている。即位後も人を処刑することが多かったため、大悪天皇と言われていたという説もある。雄略と思しき大王の名が刻まれた鉄刀・鉄剣が熊本と埼玉で見つかったことから、5世紀後半にはすでにヤマト王権の支配圏が九州から関東までの広範囲に及んでいたことが推測できる。
<青空が好き!>

kidnight1tt at 11:46│Comments(0) 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ヤクザときどきピアノ  鈴木智彦ザリガニの鳴くところ  ディーリア・オーエンズ